100円パソコンを購入しよう|選ぶ基準を事前にリサーチ

レンタルで良いのか

ネットワーク

一般的には共有で十分

サーバーは常に稼動している必要があります。そのためにサーバーの耐久性に気を遣い、電源やネットワークも停まることのないように様々な設備投資が必要です。そればかりかそれらを管理運用できるスキルを持った人材も必要です。こうしたことを考えるとサーバーを自社で買うのはコストがかさむため、レンタルサーバーを使うのが一般的です。レンタルサーバーはサーバーの機能だけを借りることができるので、本業に専念できます。一つのサーバーを何社もしくは何人かで使う共有サーバーがレンタルサーバーの主流です。共有といってもセキュリティは万全なので他の人に情報が漏れることはありません。リーズナブルな月額料金で運用はレンタルサーバー会社に任せられるのがメリットと言えます。ただ、共有のためにディスク容量が少なめに固定されていることが多いです。もし共有サーバーに不都合を感じるようであれば、VPSや専用サーバーを選択するというのも一案です。VPSは別名仮想専用サーバーで、ディスクやメモリ、ネットワーク等は共有されていても仮想的に自社の領域をキープできるために専用サーバー並みに使うことができます。なお、運用は自社で行わなければいけません。そして、専用サーバーは1台のサーバーを丸々借りることです。最もハイスペックのため、大規模なサイトやウェブサービスなどを展開する場合に適しています。データベース構築やアプリ開発などを行うのでなければ、共有サーバーで問題ないことが多いです。自社の目的に合うレンタルサーバーを選びましょう。

Copyright© 2017 100円パソコンを購入しよう|選ぶ基準を事前にリサーチ All Rights Reserved.