プラセンタの注意点

選ぶ際の注意点と副作用

プラセンタは様々な商品が出回っています。馬や豚など動物由来のもの、魚由来のもの、植物由来のものがあります。動物由来は成長因子という成分が入っています。これは、肌の細胞を再生させる効果があります。プラセンタのドリンクやサプリメントのほとんどが動物由来です。植物由来はライ麦やバラが原料です。成長因子は含まれません。美容成分のコラーゲンやヒアルロン酸などが含まれます。主に化粧品で使われています。魚由来は鮭の卵巣が原料です。植物由来と同じく成長因子は含まれません。動物由来には含まれないエラスチンという美容成分が豊富に含まれています。原材料によって効果が違うので事前によく調べてから購入すると良いです。プラセンタは安全性が高いとされています。しかし、中には体質に合わず副作用が出る場合もあります。副作用には下痢、発疹、かゆみなどがあります。アレルギー体質や、体が弱っているときに出やすいです。このような副作用は一過性のものが多いです。アレルギー反応が続く場合は医師に相談するか使用をやめる必要があります。

プラセンタについて知っておくと良いこと

プラセンタとは英語で胎盤という意味です。胎盤は妊娠時に作られます。出産で胎児が出た後に母体から出てきます。胎盤は胎児の発育を支えるための成分を作ります。この発育を支えるための成分を抽出して加工したものがプラセンタです。プラセンタは美容はもちろん、体質改善効果もあります。体質が改善されると血流や代謝がよくなります。そうすると肌もきれいになり若返り効果も出てきます。プラセンタをサプリメントで摂取する場合は、食事の時に飲むと良いです。プラセンタは栄養素を単体で摂るより、食事を一緒に摂るほうが効率よく吸収されます。それぞれの栄養素が影響を与えあって体に作用します。プラセンタ単体では効果が少なくなります。食事も同じものばかり食べ続けたら体に良くないです。それと同じことなのです。